個別記事

<書評>吉田勝昭著 人生を「私の履歴書」から学ぶ~「心の雨の日」には

170802人生を私の履歴書から学ぶLogo.jpg



















 困難に直面したときに、人生の先達が逆境や不遇にどう向き合って来たのか。その困難克服法を実体験に基づいて教えてくれる「私の履歴書」執筆の先人たちが辿った様々な生き様には興味が尽きない。

 前著「ビジネスは『私の履歴書』が教えてくれた」では、企業の名経営者から仕事の仕方の極意を学ぶ観点での教訓が主であった。これに対し、本著では経済人以外の俳優や芸術家、アスリート、政治家などから、病やハンディキャップ、家族問題、いじめなどを含むナイナスの境遇を乗り越えて七転び八起で成功した大家の自分史が具に分析されている。

 山口淑子の辿った数奇な運命や加山雄三の追い詰められた境遇からの脱出の物語などは、逆境時の身の処し方とその体験の生かし方に「労苦の雨の後にこそ、美しい虹が出る!」エピソードのさわりを読み返すだけでも、改めて深い感銘を覚える。

 

 企業経営者でも長春ヤマト・ホテルのボーイから身を起こして、帝国ホテルの名社長となった犬丸徹三や、ゴム相場で大損を出して課長から平社員へ降格されながらも、三井物産の社長・会長に上り詰め、初の商社出身経団連副会長にもなった八尋俊邦のような例も紹介されている。
 もっとも、見方を変えてみると、これらは例外中の例外であって、一般にはなかなかそうは行かない。

 さらに、僻目で観察すると、日経の「私の履歴書」には1956年に連載開始来810人が登場しているが、銀行マンと証券マンは併せて24名に過ぎない。しかも、この中で本書に採り上げられているのは二度の大病を克服して、野村證券の黄金時代を築き上げた北裏喜一郎一人だけである。優秀な人材が揃っている金融界では、一旦挫折すると再起は難しいということであろうか。
 人生の縮図とも言うべき「私の履歴書」をこのように角度を変えて分析することで、自分の人生観が深まり、生き方のヒントを数多く得られることは間違いない。

(岡部陽二)

170802人生を私の履歴書から学ぶ・経歴.jpg


(2017年8月2日、アマゾン・ブックレビュー欄に投稿)







コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る