好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


  私のホームページは、息子の徹が1997年8月に、私の63歳の誕生祝いに「岡部家のホームページ」として開設してくれたものでした。

  ところが、この旧ホームページは息子との共用であって、私自身で操作ができないために、アップロードやアフターケアが滞っておりました。そこで、2007年8月、73歳の誕生日を機に、この「岡部陽二のホームページ」を別途立ち上げ、私自身で自前の運営を開始しました。旧ホームページからのコンテンツ移行に1年余を費やしましたが、このほどようやく完了しました。

  このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できますが、最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

  銀行勤務35年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

  銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

  2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところであります。

  ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されました。

青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

  この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

   2008年2月吉日

岡部陽二

 

略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2017年6月01日

<兜町(しま)だより>DMG森精機工場見学

 
170425DMG%E6%A3%AE%E7%B2%BE%E6%A9%9FLogo.jpg

 

<世界市場8%を抑える業界最大手>  

DMG森精機㈱伊賀事業所見学(証券No.6141

(東証ペンクラブ主催) 

   新緑に風薫る425日、東証ペンクラブ一行20名はDMG森精機㈱伊賀事業所を午前・午後それぞれ1時間半ずつを掛けてじっくりと見せていただいた。玉井宏明副社長から来年創業70周年を迎える同社の沿革、企業理念などについてお伺いした後、まずベッド・コラム精密加工工場、第2組立工場を見学。

   両工場ともに24時間・365日の連続自動運転で稼働、操業・監視要員は2工場併せて1516名に過ぎない。工場には窓は一つもなく、空間温度は23±1Cに保たれている。これは工作機械の精度の誤差を5ミクロン(1,000分の5ミリ)という極小値に抑えるための作業環境整備であり、この精度は他国のどのメーカーにも大きく優っている由である。

   午後は組立工の匠の技が生かされている組立工場と顧客向けに約60機種の製品ラインアップを展示・実演している世界最大規模のグローバル・ソリューション・センターを見学した。

   伊賀事業所は1970年に操業を開始した同社最大の生産拠点で、世界の工作機械工場でも最大級の広さを誇る最新鋭の施設となっている。敷地面積57.8万平方米と東京ディズニーランドを上回る広大な敷地に総面積15.4万平方米の広々とした建屋が建設され、すべてが整然として清潔感に溢れている。

   工作機械の月産能力は5軸加工機、複合加工機など超先端分野での平均単価3千万円の中・大型機に絞って250台、当工場の社員数は1,500名、生産設備台数は250台と世界有数の台数を誇っている。

   当社全体の売上のに占める機種別比率でも5軸複合加工機が38%、複合旋盤が27%を占め、NC旋盤の中でも運用プログラムのソフトと組合わせた高級機種への集中を図っている。これが顧客のニーズにもマッチして、当社の強みとなっている。

   当社は本年(1~12月)度業績を売上;3,800億円、営業利益;220億円、営業利益率;5.8%と予想しているが、昨年第4四半期には営業利益率8.8%をを実現しているので、近々、通期で10%をクリヤーするのも非現実的とは思われない。

   当社は2009年度からほぼ同規模のドイツDMG社との資本提携・協業を開始し、2013年には両社とも社名を変更した。昨年4月には当社がDMGの株式の75%DMGの現時価総額;約4,000億円)を取得して、完全一体運営を実現した結果、世界の市場シェアー8%を抑える業界最大手に躍進した。この統合の果実を確かなものとし、高級機種分野でのシェア拡大に繋げられるかどうか、まさにこれからが飛躍への正念場であろう。

(岡部陽二 記)

  

201761日、日本株式新聞社発行「投資手帳」20176月号、第58巻第6p18所収)

 

 

170601DMG%E6%A3%AE%E7%B2%BE%E6%A9%9F%E8%A6%8B%E5%AD%A6%E8%A8%98.jpg
 
 
 
 
 
 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る