個別記事

D-Day75周年記念~英国切手の魅力シリーズ60~



200129Dday75thAnniversary.jpg



 欧州における第二次世界大戦を連合国の勝利に導いた最終攻撃作戦となったノルマンディー上陸作戦を開始した1944年6月6日をD-Dayと称する。

 この作戦実行は,1943年5月、ワシントンでのF.ローズベルトとチャーチル両首脳の会談で決定された。約1年の準備で300万近い将兵をイギリス本土に集結させ、6月6日(D-Day)未明からの3個空挺師団の降下に始まり,艦艇約600隻の援護下,輸送船艇約4000隻が5個歩兵師団,3個機甲旅団基幹の兵力を正面70kmのフランス海岸5ヵ所に上陸させた。

 上陸は戦術的奇襲となり,その日のうちにドイツ軍の抵抗を排し,ほとんどの上陸点で橋頭堡(きようとうほ)を確保した。

 このD-Day75周年を記念して、2019年6月6日に6葉の特別切手と、ノルマンディー側のユタ、オマハ、ゴールド、ジュノ、ソードの5か所のビーチをそれぞれ表す5葉の記念切手のミニチュアシートが発行された。

 6葉の記念切手の図柄はは次のとおり。

1、左側・上下2葉
上;額面;1st 英国兵への乗船前の作戦指示
下;額面;1st ビーチ上陸を支援する軍艦HMSワースピットからの砲撃

2、中央・上下2葉
上;額面;£1.35:落下傘兵による時計の同期調整作業
下;額面;£1.35:D-Day、兵士たちのジュノ上陸光景

3、右側・上下2葉
上;額面;£1.60:アメリカの軽爆撃機による航空支援
下;額面;£1.60:イギリス軍が内陸部に進み、援護射撃

D-Day75周年記念プレゼンテーションパック

200129DDay75thAnniversaryNormanndy.jpg

 左から順に、1944年6月6日に上陸したノルマンディー側のユタ、オマハ、ゴールド、ジュノ、ソードの海岸5か所の風景








コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る