個別記事

昭和2年、岡部利良の作詞した四高南寮寮歌(音声ファイル付)

こちらをクリックすると、『白線ムジカ』坂田有三氏指揮、同合唱団の合唱を お聴きいただけます

<故岡部利良作詞の寮歌>

 


第四高等学校南寮寮歌

(昭和2年)岡部 利良 作詞
倉石治七郎 作曲


table.post_26 td, table.post_26 th { font-size:15px; }
一、 新しき生命(いのち)萌え出で 蘇る春の歓喜(よろこび)
  むすぼれし胸もほころび 未来(さき)多き若鳥の群
  憧憬(あこがれ)の曲調(しらべ)をうたふ
     
二、 万象(ものみな)の眠りまどかに 闇に宇宙(あめ)今たゞしゞま
  穂燈(ほあかり)の灯影わびしく 幻想(まぼろし)の夢にさむれば
  黙示する星のまたたき  
     
三、 いと愛でし希望(のぞみ)消えはて 空虚(うつろ)なるおもひにぞ泣く
  黄昏の野の逍遥(さすらひ) 友どちの歌ごゑ哀(かな)
  哀愁(さみしさ)の若き旅かな  
     
四、 淡き月樹闇に細き 懐疑(うたがひ)の森奥深く
  真理(まこと)なる泉汲まんと 彷徨へる迷羊(ひつじ)の胸裡(むね)
  湧く悲嘆(なげき)誰人ぞ知る  
     
五、 たまゆらの三つの春秋(はるあき) えにしもて集ふ同胞(はらから)
  生くる日の同じ感懐(おもひ) 旅ごろも敷きて語れば
  (たま)深く緒琴はふるゝ  
     
六、 森かげに記念祭燈(まつりび)あかく 今宵敷くうたげのむしろ
  いざ友よ甕酒(みかざけ)くみて 夜もすぐら語り明かさん
  青春のこゝろの記念(かたみ)  
     

990129shikouryoukaGakufu.jpg

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る