個別記事

<書評> 神谷秀樹著「ゴールドマン・サックスの研究 ~ 世界経済崩壊の真相」

101101ShohyouGoldmanLogo.jpg  

 

 

 

 

 

 


 昨年、ビジネス書のベスト・セラーとなった『強欲資本主義 ウォール街の自爆』(文春新書)の著者が、自らゴールドマン・サックス(GS)に在籍した経験から、米国の大手投資銀行の生態と彼らの思考法が明かし、金融市場改革への道筋を具体的に示してくれたのが、本書の主題である。史上最大のバブルの崩壊から金融人は何を学ぶべきか懇切に解き明かしてくれている。一気に読み終えられる快著である。

 強欲資本主義を批判する格調の高い神谷氏の姿勢を理解するのはかなり難しい。何となれば、彼自身がウォールストリートにどっぷりと浸かって活躍しながら、業界の非倫理性を告発しているからである。彼が変人なのか、投資銀行業界が変質したのか、本書にその解が示されている。

 一言で要約すると、最近の10年余の間にGSをはじめとする投資銀行は「バンカーの会社からトレーダーの会社へ」変質したのである。1984年から91年にかけて7年間、彼が勤務していたころのGSは、資金はあまり使わず、知恵と人脈を使って顧客にアドバイスを提供する事業が中心であった。この本流中の本流であった投資アドバイス業務から得られる収益は現在ではGSの収益全体の1割に過ぎない。収益の9割は、たっぷりと借入で膨らませたバランス・シートを使い、リスクをとって行なう株式、債券、商品、通貨、デリバティブなどのセールスとトレーディングから挙げている。バンカーは顧客企業の5年先、10年先を考えて行動するのに対し、トレーダーにとっては、10分先は遠い未来であり、顧客も市場の一部に過ぎない。要するに、「GSの顧客はGSだけ」で、本来の顧客企業は眼中にない会社になり下がってしまったのである。

 彼が在籍した80年代後半のGSは終身雇用のスタフが多いパートナーシップで、この仕組みを護るために住友銀行からの5億ドルの資本参加を決断した時期であった。この時期にGSを率いていた共同社長のジョン・ワインバーグには、評者も何度かお会いしたが、まさに細心にして豪胆、仕事には厳しいものの人間味豊かな好好爺であった。本書によると、ジョンの父親、シドニー・ワインバーグはGSの創業者を助けて、同社の危機を何度か救った。フォード社を育て、「ミスター・ウォールストリート」として実に32社の役員になった企業育成のプロであった。

 このような企業風土を持っていたGSが、本年初にはサブプライム・ローンの証券化に関する詐欺で訴追されて、史上最高の5.5億ドルの罰金を支払って和解をしたり、ギリシャ政府に債務隠しの手段を提供してEUから指弾を受けたりして、モラル的には完全に破綻してしまったのである。

 神谷氏のウォールストリート批判に説得力があるのは、金融業の本来のセンスを身につけている彼自身が、自分の言葉で平易かつ率直に語ってくれているからである。彼の論理性と倫理性に裏打ちされた「賢者の知恵」が伝授されることにより、金融市場再生へ向けての規制のあり方などについて、読者のわれわれも透徹したものの見方ができる。

                               (評者 医療経済研究機構 専務理事 岡部陽二)

(2010年11月1日、外国為替貿易研究会発行「国際金融」第1218号、p43所収)

 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る