個別記事

多彩な人脈と好奇心が人生を彩る

180925自分史書評logo表表紙  .jpg

「私の履歴書」研究家 


 表題にある「軌跡」と副題の「好奇心に生きる」の看板どおり、1970年代以降の金融界における国際化・証券業務への多角化の先駆者として邦銀の先鞭をつけて新しい業務を次々に切り開いていった数多くのイノベーションが闊達な筆致で綴られている。

 この本は日本経済出版のプロの編集者とのインタビューを通じて完成されたもので、文章は流暢簡明で読みやすい。

 著者のダイナミックな仕事ぶりはまさに国際バンカーとして、所々に、英国のチャールズ皇太子を初め各国の名士の方々との交遊が出てくる。この人脈が著者の人生に彩りを添えたのは容易に想像できる。

 加えて、誕生から今日に至るまでのビジネス生活は勿論、特異な鉱物採集、夢の洞窟探検などの大自然の旅、そして欧米生活でのオペラやミュージカルなど多彩なエピソードがちりばめられた内容にも引き込まれる。先見の明とゆるぎない信念を持ってサラリーマン人生の運命をさえ変えてしまい、まさに人生を二倍に生きてきた迫力に圧倒される。

 「運も実力の内」とよく言われるが、常にアンテナを張り巡らせていないことには運も付いてこないことが、この本から実感できる。筆者のように人生で遭遇するあらゆる場面を素敵なものに変え、またとない貴重な出逢いと感じることが出来れば、この世に争いは起こらず、皆が元気に働けるのではなかろうか。

 著者の国際金融人としての多彩な経験や広島国際大学教授としての医療や教育論など、多方面の活躍には目を見張るものがある。とりわけ「好奇心の塊」のような著者の生きざまはサラリーマン人生を淡々と過ごしている若者には大いに参考になろう。

 また、日経「私の履歴書」の登場人物も、その紙面に先祖や両親の業績を丁寧に著述している人も多い。著者のように父親の顕彰をきちんと書いておくのも子供たちへの遺産でもあり、自分史の価値を高めるものとして評価できる。

(2018年9月25日付け、Amazon電子書籍:Kindle版、定価:500円(税込み):カスタマーレビューへの一読者からの投稿)









コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る