個別記事

ヴィクトリア女王生誕200周年記念~英国切手の魅力シリーズ59~


200128Queen Victoria Stamps full set 2019.jpg



 2019年5月24日、ヴィクトリア女王の生誕200周年を記念する6種と女王夫君のアルバート公ゆかりの記念建造物4か所の記念切手シートが発行された。

ヴィクトリア女王の生誕200周年記念切手6種

上段左から

1、額面;1st  晩年、1980年のビクトリア女王肖像
2、額面;1st 1878年のオズボーンハウスでのビクトリア女王とベンジャミン・ディスラエリ首相の絵画
3、額面;£1.35 1876年、ビクトリア女王の馬に乗った絵、使用人ジョン・ブラウンと
4、額面;£1.35、1859年、ローブを身に着けているビクトリア女王の絵画

下段左から

5、額面;£1.60、1840年、ビクトリア女王とアルバート公の結婚
6、額面;£1.60,1830年、11歳のビクトリア女王

 この6枚の切手は、ビクトリア女王の幼少時代から、セントジェームズ宮殿での壮大な結婚式、そして君主としての64年間、さらには未亡人の孤独へと女王の一生を紹介している。

 後ろから順に、1930年に描かれた11歳の少女の姿。この段階で、ビクトリアはいつか王位を継承することを知っていたが、それがわずか7年先とは思っていなかったであろう。次に、ビクトリアと夫のアルバート公の1840年2月10日の結婚式。

 続いてビクトリア女王が1859年に女王の公式ローブを着ている姿。次に17年進んでハイランドで召使と仲間のジョン・ブラウンと一緒に馬に乗ったビクトリア。この時までにヴィクトリアは未亡人であり、ジョン・ブラウンは彼女を引き籠りから日常の王室生活に戻した。

 最後の2つ画像は、1878年にオズボーンハウスでのベンジャミン・ディズレーリ首相との歓談と1890年に撮られた女王の頭と肩の肖像画となっている。


アルバート公ゆかりの記念建造物4か所の記念切手シート

200128QueenVIctoriaBicentenaryPrice Albert.jpg


上段左から

1, 額面;1st  モデルロッジ、ケニントン
2、額面;1st  バルモラル城、スコットランド

下段左から

3、額面;£1.55 ニュークリスタル・パレス、シデンハム
4、額面;£1.55、ロイヤル・アルバートホール、ロンドン







コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る