個別記事

アガサ・クリスティの処女作完成100周年記念 ~英国切手の魅力シリーズ42~

170202AgathaCristieStamps.jpg

 

   昨年(2016年)915日にアガサ・クリスティ(Agatha Cristie1890915日~1976112日)の処女作“The Misterious Affair of Styles完成100周年を記念した6枚の単片記念切手(上掲)が発行された。それぞれの切手には、物語の隠された手がかりの場面が斬新な手法で図案化された。図柄を見ただけではよく分からないので、切手に描かれた情景の解説文を付記した。上段から右へ順に次のとおり。 

Murder on the Orient Express(オリエント急行殺人事件、1934年刊行 

“The red kimono character is a red herring, distracting the viewer from the killer hidden behind a heat sensitive ink curtain (you simply put your finger on the and curtain disappears),” Sutherland said. “The suspects are all printed in micro text along the train rail. I loved the idea that you need magnifying glass to read some of the clues—as stamp collectors use them as well as sleuths.” 

The Misterious Affair of Styles(スタイルズ荘の怪事件、1920年刊行 

“Poirot and Hastings investigate the crime scene,” Sutherland said, “forming the skull, as the murderer used poison. The whole stamp is then reproduced in miniature on the poison bottle.”

The Body in the Library
(書斎の死体、1942年刊行

“Miss Marple investigates a body found in the library,” Sutherland said. “Her previous books appear on the shelves behind.” 

And Then There Were None(そして誰もいなくなった、1939年刊行)

“The island is the profile of the unknown killer and host,” Sutherland said. “The poem, key to the plot, is the moon’s reflection. The mysterious U.N. Owen appears at the lit window.” 

The Murder of Roger Ackroyd(アクロイド殺し、1926年刊行)

“The killer with his knife is the shadow of the lead character,” Sutherland said. “His lover's suicide note he reads was the cause of his death, and this is reprinted in full in micro text. Point looks on from the flames.” 

A Murder is Announced(予告殺人、1950年刊行)

“The killer bursts in at a preannounced time (6:30) to shoot at the hostess,” Sutherland said. “She holds the newspaper where he announced his plans. UV ink reveals the clock face. Miss Marple appears on the scene.” 

 

アガサ・クリスティの推理小説は英国ではシェクスピア劇と聖書に次いで発行部数が多いベストセラーとなり、100か国語に翻訳されて10億人を超える読者を獲得、21世紀に入っても人気は衰えない。

彼女は1890年に英国南東部のデヴォンシャーで3人姉弟の末っ子として生まれ、特異な性格を持った母クララから直接教育を受けた。父の破産と病死、自身の結婚と離婚など様々な出来事を乗り越えて、第一次世界大戦中は薬剤師の助手として奉仕活動に従事しながら、小説家として活動していった。1920年のデビューから86歳で亡くなるまでに長編小説66作、中短編を156作、戯曲19作などを残している。

   1952年来現在まで、ロンドンのウェスト・エンドで長期にわたり上演されている戯曲“The Mousetrap(ねずみとり)”も彼女の作品である。2012年には60周年を迎え、20133月から日本でも「マウストラップ」として六本木ブルーシアターでの公演が開始された。

   アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空のベルギー人名探偵エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot)は、シャーロック・ホームズと並び、時代を越えて読者の支持を得てきた名探偵の一人である。ポアロはホームズ以来の推理小説の主人公から一線を画した洞察力の鋭い探偵であり、滑稽ともいえるほどの独特の魅力で高い人気を誇っている。 

 

170202AgathaCristieBook.jpg
 
 
 
 
 
 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る