個別記事

洞窟探索の旅     

021128Doukutsu1MuluCave.gif


最近「エコツアー」と銘打った観光プランがよく目につくようになってきた。環境保全や自然保護と旅行見物とを組み合わせた一石二鳥の試みである。東アフリカで野生のライオンを国立公園内に保護して観光客誘致に活用すれば一頭あたり50万ドル以上の外貨を稼ぐが、狩猟や毛皮材料の対象として殺してしまえば1万ドルにもならないという研究発表もあり、エコツアーは発展途上国の経済政策としても注目されている。
国際協力によって一旦失われかけた自然の姿の復元に成功した例としては、世界遺産ガラパゴスの再生がある。チャールズ・ダーウィンが目を見張ったゾウガメなどの特異な動植物は、その後豚や山羊が持ち込まれたために、食料不足で絶滅の危機に曝されていたのを元の姿に戻した大プロジェクトである。
このような計画的な自然の保護や再生のプロジェクトより遥か以前から、鍾乳洞をはじめとする洞窟は、各地で観光対象として人為的に開発されてきた。山河や渓谷はさほど手を加えなくても、それ自体立派な観光資源であるが、洞窟ばかりは存在することは分かっていても、明かりを点したり、安全に歩行できたりする道路整備などをしなければ、観光客は来ない。洞窟観光はまさにエコツアーの元祖といえよう。

私の洞窟巡りの中でも特筆すべきは、東マレーシアにある世界最大の砲筒型洞穴と折り紙がつけられた「ディア・ケーブ」である。この洞窟がサラワク州の密林の中で発見されたのは、1974年とごく最近のことである。この洞窟へのエコツアー客のために1993年にはリーガ・ロイヤル・ホテルが経営する高床式の木造ホテルが建てられ、ブルネイの南に位するミリという町から洞窟観光の基地、ムルへ小型機が乗り入れるようになった。
1997年の冬休みにこのホテルに3泊して、ディア・ケーブのほかに、アジアで一番長い全長107キロの「クリア・ウオーター・ケーブ」など四つの洞穴を熱帯雨林の中を数時間歩いて観て廻った。この間、動く小枝のような虫や一枚の葉だけの植物など奇妙で不思議な動植物に出会えて楽しかった。
熱帯雨林に降り注ぐ烈しい雨は、200万年を掛けてサラワク州北部を横切る石灰台地を刻み込み、奇妙でごつごつした典型的なカルスト地形に変貌させた。その中に隠されていた地下の迷宮の一つが、このディア・ケーブである。
ディア・ケーブは東京ドームがいくつも入るようなどでかい洞穴で、入口の反対側の上部にも輪郭がリンカーンの横顔に似た窓が開いていて、双方から仄かな光が差し込んで来る異様な空間であった。全長は2.2キロで、高さは90米から140米、幅は175米の円筒形で、中はグアノと呼ばれる蝙蝠の糞が発するアンモニア臭が漂っていた。ディア・ケーブの名はこのグアノから染み出る塩分を含んだ水を鹿が好んで飲みに来たことに由来している。
このツアーの圧巻は夕方5時ごろから約1時間半に亙って次々とこの洞窟から天の川のような編隊を組んで飛び立っていく蝙蝠の大群を仰ぎ見るひとときであった。蝙蝠の数は3百万匹と推定されているが、日中これだけの数の蝙蝠がこの洞窟の天井に犇めき合ってへばり付いているグロテスクな様は、筆舌に尽くし難い。蝙蝠の群れは洞窟につきものであるが、ディア・ケーブが何といっても世界最大規模であろう。これだけ多数の蝙蝠の餌となる昆虫が生息する熱帯雨林はここ以外では考えられないからである。

021128Doukutsu3tiauvetcave.jpg


メキシコとの国境の町、エルパソから車で240キロ米の米国ニューメキシコ州にある「カールスバッド洞窟」探訪の念願が叶ったのは、1991年のことであった。この洞窟はディア・ケーブが発見されるまで数十年間、世界最大と言われてきたが、この洞窟がカーボーイに発見されたのは1901年と比較的新しい。この洞窟も地上の開口部が狭く、地底に世界最大級の洞穴が眠っているとは誰しも想像できなかったが、やはり蝙蝠の目撃が発見の動機となったそうである。
1931年には地下200米から地上へ運んでくれるエレベーターが設置され、最近では年間80万人にも上る観光客が訪れるようになった。全長5キロ米に及ぶ洞窟内の照明は、見物客が近づくと自働点灯し、説明のナレーションも流れるといった方式で、自然保護と省エネを兼ねた心遣いも行き届いている。高校生の頃に初めて訪ねた山口県秋吉台の秋芳洞にも感激したが、カールスバッドのスケールはその数倍大きい。
「ビッグ・ルーム」と名付けられた最大の洞穴は、奥行きが540米、面積5万平方米もあり、高さ20米を超える巨大な石筍がにょきにょきと生えている。奥深い地底の石灰岩がこんなに大きく侵食されたのは、近くにある石油や天然ガス油田から硫化水素を含む塩水が地中を通ってはみ出してきたためと考えられている。
ヨーロッパで最大の洞窟は、チェコのブルノという町の北方に拡がるモラビア・カルストにあるエスキニェ・バルツァルカ洞窟とされている。ここを訪ねたのは15年ほど以前のことであったが、天使やマリアといった名前が付けられた無数のカラフルな鍾乳石や石筍を観た後、真っ暗な地底の水路を小舟で案内してくれた。外界に出る直前に洞窟の中を銃声がこだまして驚かせるアトラクションも付いていて楽しかった。
ギリシャ神話の最高神ゼウスは洞窟で生まれたし、天照大神は洞窟に隠れて、世の中が暗闇に沈んでしまった。昔は謎と神秘に包まれた畏怖の対象でしかあり得なかった暗黒の洞窟を楽しめるようになったのは、電気照明が使われるようになってからである。それでも、もしかしたら、これらの洞窟のさらに奥には、誰も知らない摩訶不思議な世界が存在するのかも知れないという夢を育ませてくれる。このような神秘さに誘われて、究極のエコツアーといえる洞窟への旅を続けるのであろうか。

 

021128Doukutsu2MULU2.gif


My Cave Expedition     by Yoji Okabe

"Eco-Tours" have become popular recently. Eco-tours are intended to achieve two objectives in one tour, namely, environmental preservation and the protection of nature are incorporated in pleasure tours. These tours are contributing to the economy of developing countries; one example involves the wild lions in East Africa. A report says that one lion would earn no more than $10,000 if hunted for its fur. However, these lions would earn $500,000 or more per head if they were protected in a national park for tourists from other countries.
A typical example of rehabilitation of nature relates to the Galapagos Islands where the giant tortoise had been in danger of extinction because of a shortage of food which, in turn, had been the result of bringing cattle such as pigs and sheep onto the islands. However, the world's last vestiges of these unique zoological and botanical life forms on the virgin islands which surprised Charles Darwin have recently been successfully restored by international cooperation as part of the world's heritage.
On the other hand, caves and caverns such as stalactite caves were brought to the attention of tourists years before the current wave of consciousness to preserve nature. It is difficult for caves and caverns to meet the criteria of tourism unless facilities such as lighting, access roads, and steps inside the caves have been provided. Thus, tourism combined with nature preservation relating to caves would be the origin of an eco-tour.
One of the major experiences of my cave hunting has been the Deer Cave in East Malaysia which is known as the world's largest gun-barrel-shaped cave. It was only in 1974 that the cave was discovered deep in the forest in the State of Sarawak. In 1993 to attract tourists a wood-frame hotel with a raised floor was built by the Rihga Royal Hotel Group, and flight service on a small aircraft began being provided to carry tourists from the town of Miri in Brunei to the nearby base at Mulu. During my winter holidays in 1997 I traveled on foot through the tropical rain forest on a three-day trek to visit four caves in the area, including Asia's longest Clear-water cave, with a length of 107 kilometers. The Deer Cave is just one cave of many that have been created over a period of 2 million years by the tropical forest's heavy rains which cut the limestone into the typical geological shapes of unique karsts .
The most exciting moment I experienced on this tour was seeing a colony of a great number of bats flying out of the cave after 5:00 P.M. in a milky-way-like formation for about an hour and a half. Their number was estimated at about 3 million. Just imagine the grotesque scene of all of them hanging from the ceiling of the cave like so much moss. Caves house bats in almost all cases; however, the Deer Cave has the largest number of bats in the world since the insects they eat are abundant in the tropical rain forest surrounding the cave.
My wish to visit Carlsbad Caverns in New Mexico, about 240 kilometers from the city of El Paso, Texas, on the   Mexican border, was realized only as late as 1991. This cave had been recognized as the largest in the world until Deer Cave was discovered. Carlsbad was found by a cowboy in 1901. Its entrance at ground level was small, and nobody expected that it led to one of the largest caves in the world. Witnessing bats coming out of the entrance-hole led to the discovery of the cave. In 1931 an elevator was installed to to take visitors back to ground level from a depth of 200 meters. Annually about 800,000 people visit Carlsbad Caverns at present. It has been recognized that salt water containing hydrogen sulfide coming from the nearby oil and gas fields has eroded the large deposits of limestone under the ground for a long period of time.
The largest cave in Europe, the Jeskyne Balcarka Cave, lies in the Moravia Karsts north of the town of Brno in the Czech Republic. I visited it about 15 years ago. I was guided on a boat through the dark waterway and saw innumerable stalactites and stalagmites all over the place. They bore names such as the angels and Maria. Gunshots resonating loudly would scare the visitors at the end of the journey and gave me the shock of an unforgettable experience.
Zeus, the almighty god, was born in a cave according to Greek mythology, and Amaterasu the great god of Japanese mythology was an incarnation of the sun and created darkness throughout the world when he hid in a cave. For centuries caves have been objects of awe and mystery. With the use of interior electric lighting, people started enjoying dark caves free of mystery. One would be haunted by an awesome dream that a strange and entirely unknown world might still exist beyond the reach of humans, deep inside caves. Because of this dream, people like me are enticed to continue their eco-tours of caves of the world.

021128Doukutsu4Mlucave.jpg


(2002年12月シュプリンガー・フェアラーク東京㈱刊行、「シュプリンガー・サイエンス」Winter2002/Vol.17/No.4、10-16頁、英文抄訳とも所収)

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る