好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


  私のホームページは、息子の徹が1997年8月に、私の63歳の誕生祝いに「岡部家のホームページ」として開設してくれたものでした。

  ところが、この旧ホームページは息子との共用であって、私自身で操作ができないために、アップロードやアフターケアが滞っておりました。そこで、2007年8月、73歳の誕生日を機に、この「岡部陽二のホームページ」を別途立ち上げ、私自身で自前の運営を開始しました。旧ホームページからのコンテンツ移行に1年余を費やしましたが、このほどようやく完了しました。

  このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できますが、最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

  銀行勤務35年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

  銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

  2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところであります。

  ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されました。

青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

  この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

   2008年2月吉日

岡部陽二

 

略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2018年2月22日

『<回想>エルエフ会』の刊行

180222回想エルエフ会Logo.jpg

 42年間続いてきた異業種交流会「エルエフ会」の勉強会形式での会合を昨年末に終結しました。これを機に、文集の刊行を企画し、発足時当初の幹事・小林功氏のご協力を得て実現しました。

 筆者の執筆個所のみ下掲します。

『<回想>エルエフ会』の全文はこのPDFをクリックください

筆谷尚弘君のこと

岡部陽二

 私がエルエフ会に入れていただいたのは平成14年で、50年の伝統を誇るこの会では新参者である。もっとも、入会前に2回ほど講師として招かれ、証券市場などの話をしたことはあった。

 エルエフ会に凄まじい熱意でもって誘ってくれたのは、京大同期の筆谷尚弘君であった。

 彼との出会いは昭和28年に京大ヨット部に一緒に入部した時に遡る。この年には同期4人が入部、彼と私の二人が法学部生であった。大学のキャンパスで出会うことはほとんどなかったが、シーズン中は毎月琵琶湖畔柳ヶ崎での1週間の合宿で仲間ともども議論を戦わせていた。

 昭和29年の8月に5日間の琵琶湖周航で青春を謳歌した時も、彼と一緒であった。この周航の後に、彼自らが作詞・作曲し、ウクレレを弾いて歌ってくれた「別れの歌」を掲出する。この歌は今でも京大ヨット部で歌い継がれている。

別れの歌 (ヨット部愛唱歌)

   S32年卒筆谷尚弘君 作詞作曲

1、四年の冬の めぐり来て

  潮に風に たわむれし

2、勝ちて 杯酌み交わし

  流れる水に 船浮かべ

3、海の彼方は 海なれば

  されど思いは 海越えて


ああ我 友と別れゆく

すごせし良き日 遠き夢

敗れて 泣きし友なれば

去り行く心 詫びしけれ

また会うことも いつの日か

水に結ぱん  汝と我

水に結ばん  汝と我

 残念ながら、私は肋膜炎を患って2年間でヨット部を退部したが、筆谷君は一段とヨットにのめり込んで、競技を続けるために1年留年したほどである。昭和33年に卒業して三菱商事に入社、ブエノスアイレスに駐在したこともある。

ところが、入社7年後にサラリーマンに見切りをつけて退職、昭和40年に設立された「ISS」という通訳・翻訳のサービス会社 の起業に参画してすぐに社長となり、20年後には業界大手に成長させた。その間、日本青年商業会議所や日本翻訳連盟などの業界団体での活動にも精励した。

 小林功さん、野々内隆さんと意気投合して、エルエフ会を異業種交流の勉強会として発足させたのも、彼の幅広い人脈と類稀な世話好きの為せる業であった。発足当初の会合はISSの事務所で開かれていたと聞いている。

 私は昭和32年に住友銀行に入行、16年余の海外勤務を終えて平成4年末に帰国、京大ヨット部のOB会で35年ぶりに彼と再会した。たちまち碁の好敵手にもなり、当時帝国ホテルにあった囲碁クラブ「石壽会」で毎週対局、その後には銀座や赤坂をはしごして賢い呑み方を教えてくれもした。さらに、私と別れてから彼一人でもう一、二軒訪ねるのが常であった。

 当時帝国ホテルに朝8時から集まっていた「八〇会」という勉強会に誘ってくれたのも筆谷君であったが、この会が無くなるや、エルエフ会への入会を薦められ、いつの間にか会員になっていた。

 エルエフ会の幹事は平成2年に東京電力副社長に就任された川崎弘さんにお願いし、会員への連絡などの事務はすべて東電の秘書に担当していただいていた。平成19年に川崎さんが東電を退職された際に、会の事務面は東電秘書に代わって根来さん、西岡さんとともに私が担当して継続することになった。結果的には、私一人が生き残って現在に至っている。

 筆谷君も平成24年8月16日に、79歳で一足先に逝ってしまった。8月16日は奇しくも私の誕生日であり、これも彼との強い縁の証しかと懐かしんでいる。

編集後記

 エルエフ会は1975年9月11日に第一回会合を開いて発足、2017年12月15

日に勉強会形式での会合を終結するまで、じつに42年3か月にわたり406回

に及ぶ会合を重ねてきた。

 第3回会合以降、開催日は毎月の最終金曜日の夕刻と定め、この原則をおおむね貫いてきたのが、継続の力となったのであろうか。

 メンバーは当初の6名からピーク時には20名を超えたが、現在は18名。物故者13名と中途退会者20名を含め累計51名が会員となっていた。初回と最終回ともに出席は野々内隆さんお一人のみながら、会員の出入りは少なく、30年以上の永年勤続者が現会員の過半数を占める。

 この会は創設当初から様々なバックグラウンドを持つ同世代が集まって、多

岐にわたるテーマの楽しい勉強の場にしようという合意のもと、企業人だけで

はなく、官界、法曹界、マスコミなど幅広い分野の異業種交流を図ってきた。

 この由緒あるエルエフ会の活動を振り返って文集を出してはとの提案があり

イニシャル・メンバーの小林功さんから提供いただいたお手持ちの資料を基に

活動年譜「エルエフ会の歩み」と「エルエフ会会員異動」を加えることができたのは幸いであった。

岡部陽二 記

180222霞会館玄関.jpg




 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る