好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


 このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できます。最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。

 1997年8月に開設、2007年8月に全面改訂したものです。17歳の時の作品が一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

 2018年2月に、自分史「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」を上梓しました。アマゾンのKindle版の電子書籍も刊行、このホームページにも全文をアップしました。ジャンル別では左欄の一番上に「目次」順に33編に別けて入れてあります。

 銀行勤務36年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

 銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

 自分史には、生い立ちに遡って、記憶に残っている主な出来事を網羅した積りですが、読み返して見るとまだまだ書き足らないところもあり、これから補足して参ります。

     自分史にひらく一輪梅の花  陽二

2018年2月吉日


略歴

略歴をごらんになれます。






最新の作品

2018年11月17日

人・模・様(ひ・と・も・よ・う) 元銀行マン、充実の自分史

181115人模様logo.jpg



 2018年11月15日付け毎日新聞夕刊(東京本社版)文化欄の「人・模・様」(ひ・と・も・よ・う)に自分史「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる~」が紹介されました。「元銀行マン、充実の自分史」(下掲)と題して、本書の刊行を評価していただき、感激しております。

 旧住友銀行(現三井住友銀行)元専務の岡部陽二さん(84)=写真=が「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる~」と題する190ページの自分史をまとめた。「多くの人とのネットワークがあってこその人生だった」と振り返る。

 社交団体の会報に、旧満州(現中国東北部)で過ごした終戦前後の思い出を寄稿。それを目にした娘が父親の体験について全く知らなかったことに衝撃を受  け、生涯の記録を残そうと思い立った。

181004毎日新聞・ひと模様写真.jpg

 プロの編集者から助言をもらい、「より客観的で正確な記述を心掛けた」。母の行商を手伝った旧満州時代、妻との出会いや子供の誕生、13年半のロンドン駐在生活、意図せぬ大学教授への転身-。自身のホームページ(HP)で11年前から、エッセーを書きためていたことが役に立った。

 書籍化するとともに、HPで全文を公開。知人や親戚からの評判は上々だが、読み返すと「会社や仕事について、まだまだ書き足らない」。今後、HPで補足

していくつもりだ。     「窪田淳」

(2018年11月15日、毎日新聞夕刊4ページ「人模様」)

181115人模様.jpg







コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る